トップ

結婚したらお礼を言う

みんなに祝われる結婚

生け花

結婚後のお礼状の送付 

結婚式が終了をし、少し落ち着いてから参列のお礼状を送ると、印象が良くなります。わざわざ時間を割いて参列をしてくれたわけですから、キチンとお礼の気持ちを伝えなければいけないのです。どこの範囲まで送付をするのか、ということも考える必要があります。できれば結婚式に参列をしてくれた人全てに送付をすることが望ましいです。普段から顔を合わせることがある仕事関係の人には直接お礼を伝えるようにすると、一般常識のある人だという認識がされるので、印象もよくなります。お礼の気持ちを伝えるのは礼儀なので、忘れずに行う必要があります。

感謝の気持ちを伝えるお礼状 

結婚のお祝いをいただいたら、お礼状で感謝の気持ちを伝えたいものです。何を書いてよいのかわからない、文章が苦手だから、字が汚いから、と及び腰になっていませんか?お祝いを下さった方はある程度親しい方が多いはずです。書き出しと締めの言葉など基本的なルールを守れば何も格式ばった文章でなくても、結婚のお祝いをいただいた事への感謝の気持ちが伝わる言葉を綴るのが一番です。字にコンプレックスがあるからどうしても手書きは嫌だという方もいらっしゃるでしょう。手書きが一番とよく言われますが、どうしても嫌な方はパソコンで打った文字でもかまわないと思います。ただ、相手と自分だけの簡単なエピソードを交えるなどその方の為だけに書いた事が伝わる内容にしましょう。

結婚式の準備の情報

新着情報